【他力鮮魚】とても珍しい名前の老舗鮮魚店



旧蘇陽町(山都町)の町おこしプロジェクト『そようよさそうよ』広報担当の「SUGIMASA」です。


『そようよさそうよ』の活動基地がある馬見原の「馬見原商店街」には個性溢れるお店が沢山あります。


今まで記事で紹介した中でも、今では珍しい金物屋を経営する「岩城屋」や伝統ある羊羹が自慢の老舗商店「甲斐商店」など個性に溢れています。


そんな個性が溢れる商店が立ち並ぶ「馬見原商店街」ですが、名前だけでとてもインパクトがあるお店を見つけました!


今回はそのお店をご紹介します。


◆目次

・三代続く老舗鮮魚店

・名前のインパクトが凄い

・揚げ物も豊富

・まとめ


・三代続く老舗鮮魚店

今回ご紹介するお店は、「馬見原商店街」の中にある「他力鮮魚」です。


その珍しいお店の名前は商店街の中でもひと際目立っています。


「馬見原商店街」には昔から代々長く続くお店が多いですが、ここ「他力鮮魚」も三代続く老舗鮮魚店です。


長きに渡り、商店街を見守られてきた様です。



・名前のインパクトが凄い

「他力鮮魚」は何といってもその名前のインパクトが凄い!


失礼ながら、最初お店の看板を見た時に「他力本願」と読んでしまいました!汗


よく見ると「他力鮮魚」と書いてあったので、


「あ、お魚屋さんなんだ。びっくりした~w」


となってしまいました。



「他力鮮魚」の名前の由来は、お店を経営するオーナーの苗字が他力さんである事から来ていました。


他力と言う苗字を始めて聞いたので、苗字について調べてみました。


他力と言う苗字は全国的に見ても珍しい様で、熊本県では山都町を中心に数名いらっしゃるみたいです。


ちなみに、私の苗字である杉本は地元では沢山いすぎて困っていますw



・揚げ物も豊富

「他力鮮魚」には、新鮮なお魚が沢山並んでいます。


どれもこだわりのお魚ばかりです。


普段魚を買うときはスーパーで買い物をしますが、鮮魚店の方が魚の新鮮さが伝わりますね。



お刺身も美味しそうです。



普通のお魚だけでなく揚げ物も豊富です。


魚を使ったギョロッケや魚のフライなど、どれもとても美味しそうです!!


この日は平日の夕方取材に取材に訪れましたが、既に売り切れている商品もありました。


それだけ人気なんですね!



・まとめ

とても珍しい名前の鮮魚店「他力鮮魚」についてご紹介させて頂きました。


馬見原を訪れた際にはぜひ訪れて見て下さい。


揚げ物をゲットするには、早めに行く事をおススメしますw




ーーーーーーーーーーーーー


【そようよさそうよ】~山都町(旧蘇陽町)町おこしプロジェクト~

私達は地方にある多数の問題に取り組み、それを解決することが仕事により良い影響を与え、新たな仕事を生み出すと考えます。現在はまだ少人数で明確なゴールが見えてるわけでもありませんが、次世代に繋ぐ何かを見い出し、戻りたい街へと変化し、いつかは様々な人が集まる「モテる街」になれればと願っています。地域の皆様と共に少しでもより良い地域となる様に歩んで参ります。