【雪景色】冬にしか見れない馬見原町の銀世界


こんにちは。『そようよさそうよ』専属ライターの「SUGIMASA」です。


もうすぐ2月も終わりですね。


寒がりな私は、春が待ち遠しいばかりです。


最近は暖かい日が続きすっかり春模様でしたが、2月17日~2月19日かけて今シーズン最後の寒波がやって来ました。


「おいおい、せっかく暖かくなって来たのにふざけんなよ~!」


と思っていましたが、ある事を思いつきました。


「待てよ、寒波が来るって事は雪が降るから馬見原町に取材に行けば雪景色が見れるやん。」


そう思い立って先日市内から取材に向かいました。


車をかっ飛ばして馬見原町にやって来ました。


途中、道が凍ってる箇所もありましたが何とかたどり着きました。


着いて早々、辺り一面は美しい銀世界が広がっていました。


命がけで来た甲斐があったわ~!


本当は、「そようよさそうよ」代表の工藤さんから危ないから辞めといた方が良いと止められたのですが、どうしても雪景色を見たくて強行突破してしまいましたw


馬見原町は阿蘇に近いこともあり、普段から市内よりも気温が低くなっています。


その為、冬場は雪が積りやすく美しい雪景色を見る事が出来ます。


農業が盛んな事もあって、町全体的に畑の割合が高く雪が積りやすい条件が整っています。


地元の人にとってはうんざりでしょうがw


地元の方々にとっては当たり前のこの雪景色も、私みたいな普段中々雪を見る事が出来ない人間にとってはとても新鮮です。


大人になっても雪合戦やかまくら作りなどの雪遊びをやりたくなります。(私がただ子供なだけかな?w)


こういった当たり前の景色もこの活動を通じて守って行ければなと思います。


いかがでしょうか?


今回は、馬見原町の美しい雪景色についてご紹介しました。


どこを見ても広がる銀世界を堪能してみませんか?


お越しの際は、雪対策を行った上でお越しください。


もし雪で車がトラブルを起こした際は、ちょっとしたトラブルであれば「馬見原バイパスSS / (有)工藤石油」にご連絡下さい。(大きなトラブルはロードサービスにご連絡下さい。)