【山都町商工会 蘇陽支店】町の事業者を影で支える地域の相談窓口



こんにちは。『そようよさそうよ』専属ライターの「SUGIMASA」です。


今回は、町の事業者を影で支える地域の相談窓口「山都町商工会 蘇陽支店」についてご紹介致します!


あまり知られていない「商工会」の内部事情を取材して来ました。


◆目次

・商店街の中央部にあります

・商工会とは?

・商工会の実態

・二階は貸しスペース

・まとめ


・商店街の中央部にあります

今回ご紹介する「山都町商工会 蘇陽支店」は、以前の記事で紹介した「馬見原商店街」の中心部にあります。


こちらは蘇陽支店ですが、本部は上益城の方にあります。


「馬見原商店街」の記事はコチラ▲
・商工会とは?

そもそも「商工会」とはどういったものなのでしょうか?


存在自体は知っていても詳しくはよく知らないと言う方も多いのではないでしょうか。


「商工会」とは、地域の事業者が業種に関わりなく会員となりお互いの事業の発展や地域の発展のために総合的な活動を行う団体です。


町村部に設立された公的団体で、全国に1,600以上の商工会が存在します。


主な仕事としては、経理関係や人材紹介などの地域振興業務を行っています。


地域の規模では無く商工会の会員数によって職員の数が決まります。



・商工会の実態

商工会については上記に記した通りですが、実際の所色々と大変な事も多い様です。


地方になればなるほど商工会主体ではないとイベントなどを行えなかったりと地域によっては商工会に頼りすぎな所もあるようです。


私たちが想像している以上に地域振興の仕事は大変なんですね。



・二階は貸しスペース

こちらの商工会の二階は会議室になっています。


貸しスペースとしても使われているので、セミナー等も行える様です。


今後「そようよさそうよ」の活動でイベントを行う際は使わせて頂く機会があるかもしれません。


※写真はイメージです。
・まとめ

今回は、町の事業者を影で支える地域の相談窓口「山都町商工会 蘇陽支店」についてご紹介しました。


商工会の仕事は大変でありながら表に出る事は少ないので、この記事で少しでもそれが伝われば幸いです。